遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

不倫(不貞)のチェックポイント

 

日常生活の何気ない行動に浮気しているかどうかが表れています。

 

下記チェック項目で少しでも当てはまるものがあれば可能性があります。

 

 

 男性の場合

 

・ 妻と目を合わせなくなった

 

・ 妻と一緒にいても、「タバコを買いに行く」など、ささいな用事を作っては、携帯を持って外に出て行く

 

・ 以前よりも帰宅が遅くなった

 

・ 帰宅すると、愛想が良くなった

 

 
・ 会社の付き合いが増えたことを理由で、帰宅が遅くなった

 

・ 家族との会話が減った

 

・ 妻に話しかけられるのを嫌がる


 
・ 反対に不自然に会話が増えた
 


・ 突然、残業や出張が増えた
 


・ 帰宅後、妻が近づくことを避ける

 

・ 帰宅後すぐにお風呂に入る

 

・ いつの間にかクレジットカードや消費者金融のカードを作っている

 

不倫対象が女性の場合

 

対象者が女性の場合のチェックポイント

 

対象が奥さんの場合、下記のようなことが起こればチェックする必要があるでしょう。

 


・ 化粧や服装がハデになった

 

・ これまで見たことがない貴金属(高価・安価は関係なし)をつけている

 

・ 下着が以前よりオシャレになった

 

・ 食事の準備の手抜きが増えた

 

・ 「女友達(ママ友)とランチする」と言って、よく家を空ける

  

・ レストランや飲食店の情報が詳しくなった

 

・ セックスが淡白になる

 

・ 「あなたとは価値観やフィーリングが合わない」と、夫に言うようになった

 

・ 子供に食事を作らなくなったまたはインスタント食品ばかり食べさせる

 

・ 子供の面倒を看たがらなくなった

 

日常生活の何気ない行動に浮気しているかどうかが表れています。

 

下記チェック項目で少しでも当てはまるものがあれば可能性があります。

 

 

男女共通事項

 

 

 

男女共通事項


 
・ 「一人の時間が欲しい」、「一人で暮らしたい」と言うようになった

 

・ ケンカをすると「別居しよう」、「冷却期間を置こう」と言い出す

 
・ いつもイライラしている
 

・ 夫婦一緒にいたがらない

 

・ 何を聞いても迷惑そうな答え方をする

 

・ 休みの日はいつも外出する

 

・ 特定の人を(愛人・交際相手)のことを「お世話になってる人」と誉めたりする

 

・ 疑惑をぶつけても、「俺のこと・私のことが信じられないのか!」と開き直る

 

・ 疑惑をぶつけても、言い訳にもならない矛盾した意味不明のことを言う

 
・「疲れているから」などと言ってセックスを拒むようになった

 
・ これまでと態度が変わった
 

 

携帯電話について

  

・ 携帯電話を家の中でも持ち歩き離さない


 
・ 携帯電話の履歴を消している

  

・ 携帯電話に不審な通話履歴やメールがある


 
・ 携帯電話が鳴ると、別の部屋に行く

  

・ 携帯電話に出ると声が小さくなる

  

・ 携帯電話に出ると事務的な声に変わる

  

・ 携帯電話が留守電になってる

  

・ 携帯電話に着信やメールがあっても、すぐに見ない

  

・ 一緒にいると、携帯電話の電源を切っている

  

・ 一緒にいると、携帯電話の会話が短い

  

・ メールをする回数が増えた

 


・ お風呂にまで携帯電話を持っていく

  

・ 2台目の携帯を隠れて持っている
 


・ いつも携帯電話にロックをかけている

 

  

車について

 

・ 車の助手席シートの位置が微妙に違う

  

・ 洗車はしないのに、やたらと室内を掃除する

  

・ 家族を自分の車に乗せたがらなくなった

  

・ 車内に妻の物ではない女性ものが落ちていた

  

・ 車のシートに髪の毛が落ちている

不倫による慰謝料請求の条件

 

不倫(不貞行為)による、慰謝料請求の要件とは、

 

1. 配偶者に異性と不倫・不貞行為がある

 

2. 不倫の証拠があること

 

3. 不倫相手は、配偶者が既婚者と知っていて不倫をした

 

4. 不倫はしたものの、夫婦関係は破綻していない

 

5. 不倫があったことを知ってから3年以内であること

 


この中で一番重要なのが、配偶者が異性と不貞行為(不倫)があった、またはあることです。

 

この不倫とは、一般的に配偶者に異性との肉体関係(性交渉)があることです。

 

夫婦の一方と肉体関係を持った相手方は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったかどうか、 自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務があります。



例えば、二人で食事やカラオケに行ったり、メールをしている関係だけでは、不貞行為と認められて慰謝料請求ができるかは難しいです。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12