遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

不倫(不貞行為)の証拠

 

不貞行為の証拠がなくても、愛人が不倫を認めて素直に慰謝料を支払ってくれれば、証拠は必要ありません。

 

しかし配偶者や相手が不倫をしているのに認めない場合は、認めさせるために証拠が必要になります。

 

増して、裁判で争うこととなれば、不貞行為の証拠はどうしても必要になります。

 

裁判は証拠主義ですので、不貞行為の証拠が不十分な場合、憶測や推測ととらえられ、慰謝料の請求を棄却される場合もあり得ます。

 

反対に裁判で、相手方(愛人)から名誉毀損で慰謝料を請求されてしまう可能性もあります。

 

通常不倫が分かるのは、配偶者の日々の生活態度の変化から察知するケースが多いので、怪しいと感じたら日常生活の中から不倫の証拠を収集するのが一般的です。

 

もちろん、その際は配偶者に分からないように収集する必要があります。

 

収集する証拠の品としては下記のようなものがあります。

 


① レシート

配偶者や家族と関係のないレシートや普段買わないような商品を買ったレシートが出てくるとチェックが必要かも知れません。

 


② クレジットカードの明細書

クレジットカードの明細書に普段使わない店での購入明細があったり、異性向けの商品の購入明細がある場合など。

 

 

③ メール

不倫で一番発見が多いのが携帯のメールです。

また、探偵社や興信所に相談・依頼する人もいますが、調査費用が高額になりますので、高額な慰謝料を請求する場合や、離婚裁判するつもりで証拠を集めたいなら有益ですが、そこまで考えていない場合は必要は無いと思います。 

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12