遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

帰化は難しいか?

 

帰化を考えている人で心配していることの一つは母国への愛国心で、もう一つはいざ申請することを決めても、本当に帰化できるかどうか分からないことでしょう。

  

愛国心は個人またはその家族に於ける、母国に対する依存度、期待度、忠誠心などが複雑に絡み、一朝一夕にに解決できる問題ではありませんが、その問題が解決できれば次に考えるのが帰化に対する難易度でしょう。

  

在日3世や4世の方は既に親戚や友人などで帰化されている人が多いので、何となく帰化の手続について理解されていると思います。

  

しかし、いわゆるニューカマーといわれる、近年、日本人との結婚や仕事で日本に来た外国人の人にとって、帰化手続はなかなか理解できません。

  

まず、在日の方は、ほとんど日本で生れているので大抵の書類の収集は日本でできます。

  

しかし、日本人になるということは、戸籍をつくる必要があります。

  

その戸籍には自分の両親の出生や婚姻事項等やと自分の出生事項等が記載されます。

  

ただし、帰化した人が結婚し子供がいる場合や、日本人と結婚し日本人の戸籍に入る場合は別の戸籍になります。

 

 ですから、戸籍をつくることは個人事項だけ記載されるのではなく、自分の両親に関する事項も記載されますので、両親や兄弟姉妹関係を明瞭にするため家族の戸籍や出生証明、婚姻証明等を取得しなけれなりません。

  

以前、韓国では日本のように戸籍制度があり、戸籍を一通取得すれば親兄弟の関係は容易に把握できたのですが、2008年1月1日に戸籍制度が廃止され、現在は戸籍は各証明書に分散化され、個人の身分関係を証明するには、いちいち「家族事項証明書」=家族のことが記載されている証明書、「基本事項証明書」=自分のことに関することが記載されている証明書、「婚姻事項証明書」、「入養関係証明書」等必要に応じていくつもの証明書を取らなければならないようになりました。

 

 

 

 

 

 

たとえ取得できても、一世や二世ならいざ知らず、三世、四世になると日本語で教育を受けた人が多く、ハングルが分からなくて翻訳すら出来ない状況になります。

  

また在日以外の外国人の人も帰化申請のための書類が煩雑で本人は勿論、配偶者も書類の内容をなかなか理解できず、帰化をしたくても申請をあきらめてしまう人も多いです。

  

私の事務所に帰化申請で相談される中に、昭和40年代に帰化申請しようと法務局に行ったものの、書類の煩雑さと担当官の横柄さで途中まで書類を揃えたのに諦めてしまい、これまで帰化したくてもできなかったという、複雑な気持ちで過ごしてきたという方も年に数人いらっしゃいます。

  

確かに昭和40~50年代は帰化申請のみならず、役所へ許認可申請する際の書類の多さ、煩雑さや役人の対応は今と比べものにならないほど鬱陶しかったそうです。また、「お昼休み」といって12時から13時までは一般窓口業務も一斉に遮断していたのを、私自身記憶にあります。

  

今ではこの様な対応するところは少なくなっていますし、書類の申請も簡易化されていますが、必要最低限の書類は準備する必要はあります。

 

この必要最低限の書類がくせもので、書類を申請したのに役所の書類は保管期限を過ぎていると処分されますし、その書類自体役所で紛失、破棄されているケースはよくあります。

 

自分の国から書類を取り寄せる場合でも政情不安な国の場合、役所が機能していないことがありますし、役所が破壊されて無くなっている場合もあります。

  

こういったケースでは大抵の人はその時点で帰化申請を諦めます。

  

なぜならそこまでたどり着くまで既に数ヶ月経っているからです。

  

普通、帰化申請者が自分で書類を収集して申請までに掛かる時間は、早い人で2~3ヶ月で、半年位掛かる人も多くいます。

  

また、書類を収集する際、法務局に行き担当官と書類の確認を受ける必要があります。

  

この確認作業は担当官との相性もありますし、書類内容が複雑で説明されてもなかなか理解しにくいケースが多いです。さらに、いつ法務局に行っても対応してくれるわけではなく、最近の法務局は予約制になっている所が多く、仕事を持っている人には時間を調節することすら難しいです。

  

そういった手続を経てようやく申請するに至りますが、そこまでは半年前後の時間を費やすことになります。

  

それでも申請できたら良い方です。 

  

せっかく頑張ってある程度まで書類を収集したのに、法務局から求められた書類を揃えることができなくて、あきらめる、、、、

 

そういう人も結構います。 

  

一度あきらめると再度チャレンジする気力は薄れます。

  

先ほど書いた昭和40年代に帰化申請をあきらめた人のように、あきらめたけど、やっぱりあきらめきれない!!

  

そういう方は是非、当事務所へご相談ください。

 

 

 

私はあなたの力となって、良い結果がでるように頑張ります。

 

 

 

そのためには、あなたの勇気と協力が必要です。

 

 

 

一緒に頑張って、朗報を待ちましょう。

 

 

 

あなたの未来はあなたが創るのですから。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12