遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

不倫発覚後の話し合い

 

配偶者の不倫が発覚し、離婚を決めたものの慰謝料や親権等について、なかなか決まらない場合があります。

例えば、

① 夫婦の力関係

② 夫婦の経済力

③ 子供の有無

④ 離婚に至る経緯

           などです。

 

の力関係は夫が亭主関白の場合が多いです。

夫の不倫でありながら、開き直り、力(暴力や物で威圧する)で抑え込もうとします。

この場合、普段からDV傾向の可能性があるので、冷静に話し合うこと自体困難ですから、離婚を決めたら早めに家から退避して、家庭裁判所の調停に持ち込む方が良いでしょう。

但し、調停員は法律専門家でない者が多いので、弁護士を代理に立てて話し合う方が解決し易いです。

 

②の夫婦の経済力では、有責配偶者(不倫をした配偶者)に十分な収入があれば、慰謝料請求できますが、収入が少ない場合や不安定な収入の場合は、離婚後当人の生活にも困るケースがあります。

そうなると取れるべき慰謝料が殆ど取れないこともあり得ます。

 

また、不倫相手と再婚した場合、新しい妻(および子供)との生活費用に経費が掛かって、前妻には支払わないケースがります。

そうならない為にも、離婚時に慰謝料全額を支払わせるか、公正証書を作成し、支払が滞った場合は、一括清算させるなどの文言を入れる必要がります。

 

③で離婚する場合、子供の監護・養育に親権を母親にするケースが多いです。

但し夫や、夫の実家に跡取りが必要な場合は、容易に親権を得られません。

そうなると家庭裁判所での調停が必要になります。

調停で有利に進むには離婚手続に詳しい弁護士を使うべきです。

もし、親権を得られなくても、監護権や面会交流権を取ることも可能です。

 

④の離婚に至る経緯は有責配偶者に責任があっての離婚だったら協議離婚もスムーズに進みなすが、不倫の一因に配偶者がある場合もあります。

例えば、

妻が子供にばっかり目を向けている

食事を作ってくれない・部屋を掃除しない

家庭内で無視する

金遣いが荒い

性交渉を拒否する

 

 こういった理由で、夫は新しい愛を求めて不倫をするケースがあります。

勿論、不倫をした夫に責任はありますが、調停なると慰謝料を減額される可能性があります。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12