遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

結婚(婚姻)契約書

 

日本で結婚する場合、基本的に成人なら、たとえ親の反対があっても婚姻届を提出することで結婚が成立します。

ですから、単に相手を「好きだから」と、いった理由でも結婚することができます。

しかし、結婚は互いに「責任を負う」行為でもあります。

つまり、夫婦といっても、しょせん他人同士が一緒になったので、全てが自分の思い通りに相手が動いてくれるとは限りません。

 

夫婦生活は互いに敬意を持って、少々の問題も忍耐強く我慢することが円満の秘訣ですが、、やはり人間には限度があります。

好きだから結婚したものの、結婚後相手の嫌なところをみる度に幻滅して、愛情が無くなって、離婚したい感情を持つカップルも少なくありません。

アメリカは弁護士の数が多く、裁判が世間一般に広く溶け込んでおり、それを回避したい資産家同士が結婚する場合、離婚を前提に婚姻契約を結ぶケースが以前から多くありますが、日本ではまだ多くありません。

 

日本では「阿吽の呼吸」や「以心伝心」といったことばがあるように、言わなくても心が通じ合うことが可能ですが、夫婦間の信頼が揺らぐと心穏やかにいることが困難になります。

日本も愛情面や経済面について、夫婦生活を互いに気持ちよく継続させていく為に、結婚前に「夫婦間のルール」を作成することも、今後は必要になってくるでしょう。

 

何故「結婚(婚姻)契約書」は必要か?

 

恋愛期間中は、たとえ喧嘩して相手が嫌いになっても、また新たな恋愛を始めることができます。

また、交際期間中にそれぞれの考え方や価値観が違ったり、性癖が会わなかったら、別れることも選択の一つです。

しかし、一旦結婚すると、考え方や価値観が違っただけの理由では、協議離婚では離婚は可能ですが、相手が納得しないと容易に離婚は出来ません。

またこれまで育った環境、教育によって少しずつ違和感や価値観の違いを考えることもあります。

夫婦になると基本的に1365日一緒に住むことになります。

恋愛期間中だと自分の趣味やギャンブル、オシャレにお金をかけていても、ある程度我慢できますが、結婚したとなると、「受忍限度」が出てきます。

 

ですから結婚する際に互いの権利義務といった約束事をを文章で明確に記載することで、結婚後に履行されない場合は相手方に追及することができます。

婚姻契約書と書くと何となく難しい契約ですが、「夫婦生活のルール」と書くと分かりやすいです。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12