遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

遺言書を公正証書にする理由

 

遺言書で自分の遺産を家族は勿論、他人や公共団体等自由に相続させることができます。

遺言書には一般的に自分で書く「自筆証書遺言」と、公証人役場で作成する「公正証書遺言」があります。

ただ、自分で遺言書を書く場合で、相続人でない人や公共団体に遺贈する旨を書くと、それが本当に、本人が書いた遺書なのか相続人間で揉める可能性があります。

また相続人に平等に分配しないで遺言書を書く場合で、長女が長男より相続分が多いと、長男は、「もしかしたら長女が父親に無理やり書かせたのではないか」と考えるようになったりして、せっかく遺言書を書いても、揉める原因になる可能性があります。

 

そうならない為にも、自分で遺言書を書かないで、公証人役場で公正証書遺言を作成した方が、あなたの死後、相続人が揉める可能性が低くなります。

何故なら、公正証書遺言は遺言者本人の自由意思に基づき作成しますから、偽造や改ざんはできません。

 

遺産の処分は遺留分の問題はありますが、公正証書遺言で自分に意思で自由にできますが、下記事項は公正証書遺言で意思表示しなければなりません。

 

① 婚外子の認知

② 相続人の廃除

③ 未成年者の後見人の指定

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12