遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

贈与とは

 

贈与とは当事者の一方が自分の財産をタダで相手にあげる意思表示をし、相手が受け入れることでその効果が生じることをいいます。

 

贈与は一方的に財産をあげるのことで成立するのではなく、もらう人が「頂きます。」という意思表示がないと、この「契約」が成立しません。

 

遺贈は遺言書によって、一方的に財産を与えることですが、贈与はあげる人ともらう人との契約によって、成立します。

 

 

この契約は契約書を作成しても良いですが、「口約束」でも双方の合意があれば贈与契約は成立します。

 

因って、口約束が成立した場合、あげる人は実行しなければなりません。

 

但し、口約束による贈与契約は、履行するまでは自由に取り消すことができます。

ですから、与える人が「贈与をやめる。」と言えば、贈与は無しになります。

 

しかし、贈与を書面で交わした場合は、取り消しはできません。

死因贈与と生前贈与

 

贈与には死因贈与生前贈与があります。

死因贈与には相続税が課せられ、生前贈与には贈与税が課せられます。

 

死因贈与は死んだら贈与する契約ですから遺贈と同じですが、遺贈は遺言者が一方的に贈与しますが、死因贈与はもらう人の受諾(了承)があって、成立します。

 

また、死因贈与契約を結び契約書を作成すると、勝手に破棄することは認められません。

 

生前贈与は効力の発生に特別の条件がない限り、契約が成立すると効力が成立します。

但し、贈与契約が書面にしてあったり、履行してあったりすると取り消せませんから、そのようなことが想定される場合は、遺贈の方が良いでしょう。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12