遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

強制執行する為の債務名義

 

強制執行するには、債務名義が必要です。

債務名義とは強制執行によって実現しようとする権利の存在や内容を証明するものです。

たとえば、契約の内容を相手が履行してくれない場合、訴訟をおこして判決を求めることになります。

しかし、判決が出ても、それに従わない人もいます。

その場合、勝訴した人はさらに裁判所に申し立てて、強制的に相手方の財産を回収することになります。

これを強制執行といいます。

ですから、一般的に裁判で勝訴判決を得てから強制執行に入りますが、公正証書の作成次第で債務名義としての効力があるので、わざわざ勝訴判決を得なくても、不履行があった場合に、公正証書でも強制執行に移ることが可能です。

 

但し、公正証書を作成しただけでは、必ず債務名義になりません。

民事執行法第22条5号により、下記の2つの条件を充たす必要があります。

 

① 「金銭の一定の額の支払いまたはその他の代替物もしくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求

金銭の一定の額の支払いまたはその他代替物あるいは有価証券の一定の数量」ですから、不動産や特定の動産は強制執行できません。

また、「一定の」というように、10万円や100キロの牛肉というように決まっていなければなりません。

代替物」とは、同じ種類、同じ量、同じ質のものでよく、ガソリンや米といったものをいいます。

有価証券」とは、手形、小切手といった財産権を現した証券のことをいいます。

 

②「債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述が記載されているもの

たとえば、①の条件を満たしていても更に債務者が強制執行に服する旨の陳述が記載されてなければ、債務名義にはなりません。

強制執行に服する旨が記載されることで、強制執行することができるのです。

これを強制執行認諾約款といいます。

 

  ➡「強制執行認諾事項」とは

 

要するに、「公正証書」に「強制執行認諾約款」が備わって、はじめて強制執行に移ることができるのです。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12