遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

自筆証書遺言で良い人

 

遺言書には一般的に、自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言とありますが、いざ作成するにあたり、自筆証書遺言か公正証書遺言のどちらの遺言にするか、迷う方がいるかもしれません。

  

公正証書遺言は公証役場で遺言書を作成するので、安心・確実性が高いですが、公証人に支払う手数料が結構しますし、遺言作成の為に証人2名公証役場に同行してもらう必要があります。

 

 少々お金はかかっても良いが、近くに証人になってくれる人がいないという方もいますし、証人になってくれそうでも、本当に秘密を守ってくれるかどうか分からないという人もいます。

  

自筆証書遺言なら第三者に自分の財産内容や相続人への分配を知られることがないし、費用がかかりません。 

 また、公正証書遺言にしたいけど、財産内容や相続人との関係に問題がない場合などには、自筆証書遺言で書いてみたいと考える人もいるでしょう。

  

しかし自筆証書遺言には下記の通り、いくつかのリスクがあります。

  

1.自分で遺言書を作成するので、しっかり法律に則って書かないと、遺言書自体無効になる可能性があります。

 

 .自分で遺言書を保管するので、死後発見されない場合があります。

  

3.死後、遺言書を相続人に破棄・隠匿・改ざんされる可能性があります。

 

 自筆で書いたといっても、それが相続人や関係者に無理やり書かされたのではないかと、相続人間でトラブルになることもあります。

 

 自筆証書遺言は家庭裁判所で検認を受ける必要があるので、検認が終わるまで相続手続を開始することができません。

 

 だからといって、自筆遺言書が無駄であるかというと、そういうことではありません。

 なんと言っても、紙と鉛筆があれば、すぐに書くことが出来る、安易さです。

 

自分で書いたものの、気に入らなかったら簡単に書き換えることができます。

 

公正証書遺言はお金も証人も必要で、気に入らないといって書き換えると新たな費用が発生しますが、自筆証書はその必要が無いので、遺言者(遺言書を書く人)にとって気は楽です。 

 ですから、もし公正証書遺言を作成したいと考えている方も、最初に自分で遺言書を書いてみるのも一つの選択肢です。

  

自筆証書であろうが、公正証書であろうが、財産内容や分配には違いがないので、一考の余地はあります。

  

次のようなケースは自筆証書遺言でも構わないといえます。

 

高額な不動産や財産がない。

 

2.遺言者が主婦など一家の大黒柱ではない。

 

 3.遺言者の死期が近く、とりあえず遺言書を作成したい。

  

4.公正証書遺言を作成するまでの間に、もしものことを考えているひと。

 

 5.相続人同士の仲が良く、遺言者の死後「争続」になる可能性がない。

 

 6.遺言書作成にお金をかけたくない

 

 当事務所では、自筆証書遺言の原案や書き方の指導もしていますので、自筆証書遺言作成に関心がある方は下の「お問い合わせ・ご相談」をクリックして下さい。

 

 「お問い合わせ・ご相談」はここをクリックしてください

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12