遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

離婚届の書き方

 

お互いが離婚に伴う内容に合意すると、後は「離婚届」を結婚中の夫婦の本籍地か、住所地の各市町村長役場の戸籍係を提出します。

但し、本籍地以外の役所に提出する場合は、「戸籍謄本」も必要になります。

 

離婚届には、子供に未成年者がいる場合は「親権者」を、離婚後の旧姓に戻る場合は「本籍地」等を記入します。

尚、離婚届には本人(夫妻)以外に、成人の証人2名が署名捺印します。

 

第三者や郵送でも離婚届を提出できますが、誤記があったりすると訂正が必要になりますから、夫婦どちらかが直接持参した方が良いでしょう。

 

離婚届は離婚届を書いた日が離婚成立日ではなく、受理された日が「離婚の成立日」となります。

離婚届記入の注意点

 

 

署名は必ず各自(夫婦)します。;

離婚後に、相手方から離婚無効の調停が起きた時などに、自署が代筆かが問題になるからです。

  

未成年の子供がいる場合;

夫婦のどちらが親権者になるか、子供全員の氏名を記入する。

子供がいるのに親権者欄が空欄の場合は、離婚成立しません。

 

離婚前の氏に戻る者の本籍;

自分の親の戸籍に戻るか、新たに戸籍をつくるかを決める。

離婚後、結婚していたときの氏を継続して使いたい場合は、離婚後3か月以内であれば「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することで、相手側の同意や理由など関係なく継続して結婚していた氏を使えます。

尚、3か月以上経過すると、家庭裁判所の許可が必要になりますので、子供が学校の都合上離婚後も相手の氏を使いたい場合は、早めに提出した方が良いでしょう。

 

証人の署名・捺印;

離婚届には、満20歳以上の成人2名の署名捺印が必要です。

この証人は夫婦の親族であって良いし、友人・知人でも良いです。

また、夫婦とは関係ない人物であっても、本人の存在が確認できれば良いです。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12