遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

外国人コックを雇いたい

 

最近都市部ではもちろん、地方でも外国人コックが働くレストランが多くなっています。

 

特にエスニック料理などは外国人コックが主流で、私たちの食に対する欲望を満たしてくれます。

 

ふつうの人から見ればおいしい料理を作ってくれれば、外国人であれ日本人であれどっちでも良いですが、入管法上そういうわけにはいきません。

 

レストランのオーナーが外国人コックを雇うには「技能」というビザが必要です。

 

技能ビザを取得するには、

① オーナーがレストラン経営者として継続的・安定的に事業運営できるか

② 外国人コックがその専門料理について十分な職歴がある

この2つをマッチしないと外国人コックは技能ビザを取得できません。

 

私の事務所にも外国人コックを雇いたいと多くの方が相談に来られますが、相談者は既にレストランを開業したか、または開業直前になって外国からコックを招聘(しょうへい)したいのだがどうすれば良いかという相談です。

 

これらの相談で問題になるのは上記 ① に書いたように、レストランとしての将来の継続性・安定性です。

 

特に新規開業の場合、当然出費ばかりで収益はありません。

 

その出費も自己資金で解決できれば良いですが、銀行や親せきからの借り入れでは利子や返金が発生します。

 

特に銀行からの借り入れは、たとえ収益が無くても毎月の支払は免れません。

 

潤沢な資金でレストラン経営するなら問題はありませんが、ぎりぎりの資金で開業した場合すぐにお金が底をつき開店即廃業もありえます。

 

以前は株式会社を設立するには1000万円以上の資本金が必要でした。

 

これは会社を経営するには、

1. 家賃を支払う必要がある

2. 事業で扱う商品・材料等の購入費用がかかる

3. 事業運営に必要な経費がかかる

4. 水道・光熱費等の雑費がかかる

5. 従業員に給料の支払いがある

といった経費がかかるので、株式会社設立には1000万以上の資本が必要でした。 

特に 5.の従業員の給料に大きな負担がかかります。

 

たとえオーナーは給料を我慢して受けとらなくても、正社員であれパートであれ雇う以上、毎月の給料の支払いは発生します。

 

単純に1~5の経費に50万円かかったとしたら、1年で600万円の経費がかかります。

1000万円の資本金があっても、利益がでなければ1年ちょっとで底をつきます。

 

増して、外国人コックをを呼び寄せるには入管の審査があります。

 

通常ビザ審査期間は2~3ヶ月はかかります。(複雑な案件では半年位かかるケースもあります)

 

ですから、外国人コックを呼び寄せるには開業後に呼び寄せるのではなく、開業準備がある程度整った段階で手続きを始めないと、レストランはオープンしたのにコックはいないという最悪の状況になりえます。

 

このような状況にならないためにも、外国人コックを雇用しようと考えているオーナーの皆さん、

 

後で後悔しないためにも、是非当事務所でご相談され、最善の方法でコックを呼び寄せしましょう。 

 

 

次に問題になるのが、外国人コックの職歴です。 

コックが技能ビザを取得するには10年の実務経験が必要です(一部例外あり)

 

この10年は厳格にカウントされますので、たとえば9年10カ月は四捨五入で10年換算されません。 

 

ただし、業務歴が7年だが、3年間料理学校へ在籍していて合計で10年以上になるのであれば、10年の職歴としてカウントされます。

 

また料理は「外国において考案され日本において特殊なものを専門とする必要があるので、単にラーメンや餃子といった調理内容では許可は難しいです。

 

職歴に関しては所属したレストランンの在職証明や卒業した学校の卒業証書、資格・免許証などが必要になりますが、偽造書類も出回っている国もありますからビザ審査は年々厳しくなっています。

 

ですから偽造書類が手に入る国からコックを呼び寄せる場合は料理の腕は当然のこと、しっかり本人確認や職歴等を確認をしておかないと、審査に時間がかかる上、ビザも交付されなくなる可能性があります。

 

ビザの申請は行政に対する許認可と違い、統一書類はありません。

 

簡単に言えば、各申請人(外国人)のイージーオーダーです。

 

よって、申請人によって書類の種類が増えたり減ったりします。

 

特に新規で外国人を呼び寄せる場合や不法滞在者や偽造書類が多く出回っている国からの申請者は、入管の審査は厳格になります。

 

そして、一度不交付になると、次回の申請はもっと難しくなります。

 

こうならないためにも、外国人の雇用を考えている方は

当事務所へご相談して的確なアドバイスを受けられてはどうですか。

あなたの一報をお待ちしています。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12