遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

ビザを取得するには

 

外国人が日本へ入国するには、ビザ(査証)を取得する必要があります。

 

ビザの取得には2つの方法があります。

 

はじめに「事前協議方法」と言い、ビザ取得を希望する外国人がその国にある、日本大使館か領事館へ出頭して申請します。

 

公館で申請書を受理すると、日本の外務省に書類を送り、外務省は法務省入国管理局へ書類を送り、申請された書類について審査します。

 

入国管理局では申請書の事実調査をして、法務省に調査報告をします。法務省では入国の適否を判断して、問題がなければ外務省に通知します。

 

外務省ではビザ発行の可否を判断して、最初に申請した大使館・領事館に通知します。

 

領事館では日本で通知された審査結果を基に申請外国人にビザ発行の可否を決定します。

 

ですから、法務省、外務省でビザ発給許可が出ても、発給するのは在外公館ですから、たとえ各省が許可を出しても、現地ではビザが出る保証はありません。

 

また、外国人にとっては、大使館・領事館=日本政府という考えがあっても当然で、審査が早く出ると思われますが、在外公館では書類を発送し、審査結果をもらってから、ようやく審査するので時間がかかります。

 

そこで、現在主流になっているのが、日本で「在留資格認定交付」の申請です。

これは外国人本人やその親族または申請代理人(申請取次行政書士)が書類を日本で申請外国人の居住予定地もしくは勤務先所在地のある、地方入国管理局へ申請します。

 

入国管理局では申請書類を審査し、当該申請書交付の可否を決定し、認定通知書を日本で申請した者に通知します。

 

認定通知書を受け取った者は申請した外国人の住所に発送し、本人が在外日本大使館・領事館に行き、認定通知書および公館で求められた書類を提出し、該当するビザを発給してもらいます。

 

この申請のメリットは、日本で直接申請するので時間のロスが少なく、比較的早くビザを取得することが出来ます。

 

しかし、申請のために収集する書類が煩雑なので申請人の家族といえども、なかなか難しいのが実情です。

 

そこで、書類作成のスペシャリストである、行政書士が外国人申請者の代わりに書類の収集・作成することができます。

 

ただし、行政書士なら誰でも代理人になれるわけではなく、法務省 入国管理局から取次の許可を与えられた「申請取次行政書士」しか手続ができません。

 

当事務所の行政書士はは申請取次の資格を所有していますし、申請経験が豊富ですから、安心してご相談・ご依頼して頂けます。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12