遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

夫婦間・不倫相手との話し合い

 

 

不倫が発覚したら、不貞行為の証拠を元に話し合う必要があります。

 

不倫していることは確信しても証拠が無く、真実を確かめようと問いただしても、嘘をつき通されたり話をはぐらかされたり、逆ギレされたりと、浮気の事実を認めようとしません。

 

話し合いでは相手をむやみに責めたり、暴言を吐いたり、脅迫めいた言葉を使ってはいけません。

 

もし、子供がいる場合は、子供の面前での話し合いは悪影響を与えますのでしてはいけません。

 

また、自分の意見だけ述べるだけではなく、相手の話に耳を傾け意見も受け入れ、お互いにじっくり話し合いをする必要があります。

 

話をすることで、相手の考えも分かり、聞いてもらうことで、溜まった思いが解放され、考えが多少変わることもあります。

 

話し合いでは下記の時効の確認が必要です。

 

・ 不倫(浮気)の事実を認めるか


・ 不倫相手は誰なのか


・ 浮気の原因は何か


・ 不倫はいつから始まって、どのくらいのペースで会っているのか


・ 今後の結婚生活をどうするのか

 

夫婦双方のみの話し合いでは話が進まず、互いに冷静な判断ができない場合は、両親・友人や信頼がおける第三者等に間に入ってもらい、両者の言い分を客観的な立場で聞いてもらいましょう。

 

感情的になって離婚を考える人もいますが、夫婦関係が冷めきっているならまだしも、一時の感情で離婚をしても必ずしも良い結果で出ると限りません。

 

反対にこれを機にお互いの良い面・悪い面をさらけ出して、幸せな家庭を築く良いきっかけになるかもしれません。

 

もし、今後も結婚生活を続けていきたいのなら、問題解決の方法を探る努力をするべきです。

不倫相手との交渉

 

相手にはぐらかされないように、交渉にはできるだけ不貞行為の証拠をもって話し合いましょう。

 

交渉場所は自宅や相手の家ではなく、第三者もいるファミレスや喫茶店で行います。

 

そして、相手には不貞行為をしたことを認めさせなければなりません。

 

また、相手が認めた場合でも、口頭での約束では後日の証拠にならない可能性があります。

 

その為にも、示談書(和解契約書)を作成する必要があります。

 

不倫相手に対しては「精神的苦痛を受けた慰謝料」として損害賠償の請求することができます。

 

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為をした場合、損害を被った配偶者は、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償を請求することができます。

 

但し、不貞行為をした配偶者が、結婚をしていることを隠しており、異性の愛人も過失がなく結婚をしていることを知ることができなかった場合などは慰謝料の請求は難しいと思われます。

 


不倫の慰謝料相場

 

 

 

不貞行為による、相手方(浮気相手)への慰謝料の相場は状況によって異なりますが、下記のような事情によって変わります。


① 不倫交際への経緯や、相手への積極性

 

② 不倫関係期間や程度


③ 不貞行為の頻度


④ 不倫による精神的苦痛の程度

 

⑤ 相手方が慰謝料を支払う資力、職業や家族構成等

 

⑥ 離婚の意思や婚姻関係悪化の程度

 

⑦ 婚姻年数や離婚後の生活能力


これらの状況を考慮して話し合いますが、50万円から300万円位が多いです。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12