遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

大阪・堺の林行政書士事務所

離婚協議書を公正証書にするメリット

 

配偶者と離婚について話し合いをして、お互いが離婚に同意して慰謝料や財産分与、子供の養育費が決まり、相手方が忠実に実行してくれれば、何ら問題ありませんが、余程の資産家か高収入がある者以外簡単に履行できません。

 

自分達で作成した私文書として「離婚協議書」を作成した場合はどうでしょう?

二人で合意した内容を明記するので口約束よりは有効ですが、記載内容を履行してくれなければ裁判所で争うことになります。

支払ってくれないからと、相手方の家に行って無理やり金品を取る自力救済はできません。

私文書の契約書を作ったとしても、その内容を守らない場合は裁判所の確定判決を受けないと、強制的にお金を回収することはできません。

 

では、どのような方法で契約書を作れば、離婚後の取り決めを有効に履行させることができるでしょうか?

それは、公正証書による離婚協議書を作ることです。

 

公正証書の離婚協議書を作成すれば、以下のようなメリットがあります。

 

① 離婚後に慰謝料や養育費を支払わない場合に、強制執行できる

離婚後一番心配なのは、将来の生活です。

生活していくには「お金」が必要です。

慰謝料の分割払いや子供の月々の養育費などは、毎月の受け取りを基に計算して生活していきますが、その支払いが滞ると生活が不安定になります。

口約束や私文書での契約書では、支払いが履行されないと裁判での話し合いになり、決着するまで相当の時間がかかります。

公正証書だと、支払いが滞った場合に強制執行認諾事項を入れることで、裁判に持ち込むことなく、銀行口座を差押えさせることができます。

 

 

② 心理的圧力を得ることができる

公正証書は公証人役場で作ります。

公証人は元裁判官や元検事出身者が多く、実際話をしても事務的な話をする公証人も多いです。

また、役場といえば、市役所のようなイメージがありますが、都市部の公証人役場はビルの中の事務所の一室のような場所です。

ただ、普通の人は殆ど縁が無く、一生に一度も行かない人の方が多いでしょう。

そのような場所で公証人の面前で契約書を作るのは、心理的プレッシャーになります。

そういった意味でも公正証書は支払う側からみても無言の圧力になりますから、公正証書に強制執行認諾事項を入れることで、離婚後も主導権を得られます。

 

当事務所では、離婚相手方の配偶者の代理人になることが可能です。

この場合、相手方の委任状と印鑑証明書を提出して頂くと、公証人役場に出頭時に相手方の代わりに手続きをすることができます。

詳しくは当事務所へご連絡ください。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12