遺言・相続・内容証明・離婚協議書・クーリングオフ等各種契約書の作成なら、大阪・堺市の林 行政書士事務所にお任せください。

〒590-0973  大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間受付けています

国際結婚と法律

 

近年日本の国際化と共に国際結婚も増加してきました。

 

日本では民法により、男は18歳以上、女は16歳以上と決められていますが、外国によって結婚年齢条件が違っています。

 

たとえば、

韓国 男 18歳以上  女  16歳以上

 

中国 男 22歳以上  女  20歳以上 

 

フィリピン   男女とも18歳以上

 

タイ      男女とも20歳以上

 

というように、各国によって結婚年齢条件がそれぞれ異なっていますので、若くして結婚する場合は注意が必要です。

 

国際結婚の方法は、日本でするのか、外国でするのかは双方の自由ですが、日本で結婚する場合は日本の方式による婚姻手続が必要です。

 

 外国で結婚する場合はその国の宗教、文化、慣習により、さまざまな方式があり、宗教婚はカトリック系やイスラム諸国が多く、民事婚は日本のように役所などに結婚の事実や登録告示をしたり、役所等で儀式を行う儀式婚などがあります。 

 

 要するに、国際結婚するには、相手国の結婚に関する法律を確認することから始める必要があります。

 

 そして、国際結婚といえども、国どうしの法律関係は国際私法が関係します。

 

日本では外国との私人間の法律関係を定めた「法例」という法律があります。

 

 法例では国際結婚に関する条文は以下の通り書かれています。

 

第13条 「結婚成立の準拠法」

 ① 結婚の成立要件は、各当事者の本国法の規定に従って定める。

 ② 結婚の方式は結婚を挙げた場所の法律による。

 ③ 当事者の一方の本国法による方式は、前項の規定にかかわらず、有効である。しかし日本で結婚を挙げた場合で当事者の一方が日本人であるときは日本の法律の規定に従わねばならない。

 

 第14条 「結婚の効力」

 結婚の効力は、夫婦の本国法が同じ場合はその法律を、その法律が異なる場合は、夫婦がいつもいつも生活している場所が同じときはそこの法律を、前項いずれの法律がない場合は、夫婦に最も生活関係が密接な場所の法律を適用する。

 

 ですから、国際結婚を考えていらっしゃる場合は法例に則った手続をする必要があります。

日本人と国際結婚

 

 

 

日本人の国際化が深まり、ここ10年程前から日本人と外国人の国際結婚が急増しだして、今では100組に5組が外国人との結婚に至っています。

 

私の事務所にも頻繁に外国人との結婚の件で相談に来られますが、結婚動機ベスト4は下記のとおりです。

 

1. 日本に住んでいる・働いている外国人と交際し、結婚を考えるようになった。

 

2. 外国に住んでいたときに交際していた外国人と結婚をしたい。

 

3. 何度か同胞(日本人)と交際したが結婚に至らなくて、外国人と結婚したい。

 

4. とにかく結婚したい。

 

1.や 2.は外国人の恋人とある程度の交際期間があり、お互いのことをそれなりに知っているため、結婚しても婚姻の継続性が考えられます。 

 

 問題は、3.と 4.です。

3.は男性に多く、比較的まじめな性格で、女性とを知り合う機会が少なく、また付き合うことができても、交際方法が分からず女性が離れていってしまう。しかし、結婚願望が強いので同胞がだめなら、外国人でも良いから結婚したいという方です。

 

4.は結婚願望がより強くなり、結婚できるのであれば国籍は問わないという方です。

  

ふつう、男女が知り合って結婚まで至る過程は、

 

1. 友人の紹介やサークルなどで知り合う

 

2. 会話をして感じがよく、親近感がわく

 

3. お互いに恋愛感情がわき、恋人として交際する

 

4. 2~3年または4~5年の交際期間を経て、結婚を意識する

 

5. 結婚する

  

通常、日本人同士ならこういった過程を経て、結婚するものです。

中には何年交際しても、別れてしまうカップルも多いです。

  

しかし、外国人との結婚に関しては、知り合って数ヶ月、中にはブローカーを通じてお見合いした翌日に結婚手続をする人もいます。

 

このような状況でどうやって結婚生活を送れるのでしょうか?

  

日本人同士でも意思疎通ができない場合があるのに、言葉が分からない外国人とどうやってコミュニケーションができるのでしょうか?

 

離婚原因の1位は「性格の不一致です」

 自分の血を分けた親兄弟でもけんかや仲違いするのに、他人同士が一つ屋根の下で共同生活して性格が合致すること自体難しいでしょう。 

 

夫婦は所詮他人との共同生活ですから、家族構成、生活環境、学歴、所得等が違う相手と結婚すると、お互いに「相手を尊重」しないと結婚生活を継続することは難しいです。

  

相手を尊重するといことは、コミュニケーションが必要不可欠です。

 

外国人と結婚してもお互いの共通言語を完璧に操れるなら、相手を尊重することは可能ですが、中途半端なレベルでは意思疎通が困難でお互いに疑心暗鬼におちいることがあります。

 

日本人の美徳といわれる、「以心伝心」は外国人には理解できません。

 

説明しても理解すら得られないと思います。

 

阪神大震災が起こり、町が壊滅状態になったのに、暴徒や店の略奪行為などなかったのは、日本人の道徳心や良心などがそういった状況の中でも自然とはたらいた為であり、多くの外国のマスコミは驚愕しました。

 

以心伝心が理解できない外国人と結婚を考えている方は、まず、自分の意思を伝えられるよう、十分なコミュニケーションをとる必要があります。 

 

ある、英語圏の外国人と結婚された方はTOEFLで満点を取って英語学校で講師をしていて、普段は配偶者と当然英語で会話されますが、その人でも、たまに「英語で会話して、英語で考えるのに疲れることがある」と仰っていました。

 

日本人夫婦でも、たまに夫や妻の近所や世間のうわさ話を聞くことに辟易してしまうことがありますね。

 

共通言語を完璧に理解できない日本人と外国人の夫婦なら尚更コミュニケーション障害が発生し、結婚当初なら未だ知らず、半年、1年と経過するとフラストレーションが爆発し、離婚に発展することになります。

  

 今後配偶者が日本で生活するのであれば、日本語または英語を共通言語にしてコミュニケーションをとる必要があります。

 

また、日本で永住するつもりなら日本語を学習したほうが良いでしょう。

 

そして最近日本人にも忘れかけている、歴史、文化、習慣なども同時に学習すべきです。

 

特に日本の文化や習慣は他の国にないすばらしいものであるので、是非学習すべきです。

  

国際結婚にコミュニケーションは必要不可欠です。

 

外国人と結婚を真剣に考えているなら、相手のコミュニケーションを理解すると共に尊重(おもいやり)する必要があります。

  

それができなかったり、結婚したいが為に外国人を選ぶのなら結婚できても必ず破綻します。

まずはお電話でお問合せ下さい!


お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずご連絡ください。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

ご相談・ご予約はこちらに

072-232-0123

メールはこちら

Menu

 林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12

親切・丁寧な対応をモットーとしています。ご相談・ご依頼お待ちしています。

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
〒590-0973

大阪府堺市堺区住吉橋町町1-2-12